メインイメージ

サプリの飲み方のコツ

高麗人参のサプリメントは、飲み方次第で実感度が大きく左右されます。
このページでは、効果的な飲み方について解説していきます。
より実感しやすい飲み方をナビゲーションします。

基本は飲み続けること

高麗人参の働きをより強く実感する為には、継続的な摂取がポイント。
長く続けることによって、実感度はより高まっていきます。

そもそも、高麗人参は自律神経に作用して自己治癒力を高めてくれることで、様々な目的に役立つとされています。
その特徴を活かす為には、毎日飲み続けることがポイントになります。

もちろん、身体に優しい素材ですから、毎日飲んでも身体に負担がかかることはありません。
漢方の世界でも、高麗人参は上薬に位置付けられています。
上薬は幅広い目的に役立ち、副作用のような毒性がないのが特徴です。

寒い時期は血圧の薬を沢山飲むので胃の調子が悪い…

西洋医学の薬の副作用には、胃痛や便秘があるものです。
そんなときには、高麗人参を活用しましょう。
高麗人参には、胃の働きを整える作用があります。

高麗人参には、胃液の分泌を正常にして潰瘍を修復するほか、腸内環境の改善に役立つという働きがあります。
薬を飲む量が増えるときには、高麗人参を摂取することをおすすめします。

飲む量はどれくらいがおすすめ?

実感の為には、高品質なサプリメントを適正量摂取することが大切です。
適正量は、基本的にはパッケージの裏面などに記載されている摂取目安量を参考にするのがおすすめです。
早く実感したいからと言ってあまりに沢山の量を摂ってしまうと、栄養のバランスが乱れて、身体に負担がかかってしまう場合もあります。

もし実感が物足りない場合飲む量を増やすのもOKですが、一気に増やしすぎないようにしましょう。
また、増量の判断は2~3ヶ月続けてみてからでも遅くありません。
続けてみても実感が薄い場合は、1粒・2粒程度だけ飲む量を増やしてみましょう。

また、増量する場合は、体調に応じて無理のない範囲で徐々に増やす様にしましょう。

飲用タイミングを考える

高麗人参を飲むタイミングについて詳しく解説しました!

疲れ・気力低下が気になる

疲れや気力の低下が気になる場合は、朝のうちにサプリを摂取するのがおすすめです。
朝のうちの飲んでおけば、日中の活動がサポートされます。
気力低下の場合は夜に飲むのもおすすめです。
夜飲んでおけば、心身の疲れをすっきりとケアすることができます。

不眠・夜間頻尿

眠りが浅い、熟睡したい…
そんな悩みを抱えている方は、就寝前に摂取することをおすすめします。
睡眠の1~2時間前に飲んでおくのが最適です。

夜間頻尿に悩んでいる場合も、やはり、就寝前の摂取が適しています。
夜に高麗人参を飲むことで、トイレの回数が減少することが期待されます。

冷え・健康管理

冷え対策や健康管理に活用する場合には、朝でも昼でも夜でもOK。
ライフスタイルにあわせて、都合のいい時間帯に摂取しましょう。
また、冷えの場合は一日数回に分けて摂取するのもおすすめです。
数回に分けることで、一日中ポカポカを維持することができます。

二日酔対策

二日酔い対策には、飲酒前にあらかじめ飲んでおくのが理想的。
しっかり対策しておけば、翌朝もすっきり爽快です!

トップに戻る